4/30 0点

4月最終日になんやろこれ。
売り浴びせられてもうだめだめ。

これからどうしたらいいんだろうかと書きながらも明日も参戦するんでしょうな。

寄りつき アイビー → 下がってきたところ買うもさらに下落。
JALCO HD わりと今日の本命だったものの気配弱く寄りつきから急落したところを拾うも全く伸びず。

アップル、昨日から動きが怪しかった。こういうときに限って思いっきりが足りなくなるという(;´Д`)

オールアバウト、何かのニュースで大幅GUスタートもだら下がり。途中利益でたものの売らずにいたら売り込まれ。
後場決済。

太洋物産。力強い動き。ストップ高→ストップ高崩れてまたストップ高からの急落。
後場やって大損失。

アップルでも同様に被弾。前場分がほぼ消えた。

その他見ていたのがくろがね、ガーラ。ガーラは何か材料でたのか後場、大幅GUスタート!
いつものようにだれるかなと思ったら1,300まで上りそこから下落の1,150で反転して再び最高値1,310引け。
強い。

ほんと高値つけてくると後場もう一度あるかなあって思ってるとまったくなくてダメダメだな。

enishもここ、1,600で切ってなかったらこの倍はやられてたからな。
材料はこれでそれなりにいいと思ったし

2015.04.30
    enishとスクウェア・エニックス ネイティブアプリの共同開発を発表 2015年夏配信予定

日足もまだ安値圏で貸借銘柄だし、MA25タッチから反発期待したけど地合いもよくないし
ダメダメだった。

Before

image

After

image

原因はわかってる。
あとは集中力とメンタルを持続できるかだ。

負けないことを心がければおのずと汚いチャートに飛び込むような
言うなればギャンブルはしない!

直近の急騰した値動き = 「もう一度来い!!」
けど来ない。

最近読んだ本では確率で考えるとあった。

ストップ高になるような銘柄は全体の5%。
当日、一度ストップ高付けて直近の陽線否定して急落してきたとなれば
絶対触らないこと!!!!
もしやってしまっても返済指値は1~3%程度の位置にする。

例 1,521円約定→ 1534円とか。

始めた頃、コツコツできてた頃はこれを守っていた。
それは恐怖心から。
損に慣れてしまうと「今回はいくだろう」とか感情で指値を置くのを放置してしまう。
それはよくない。

image

(銘柄別損益)
2323 fonfun -1,737
2454 オールアバウト -26,586
2788 アップルインターナショナル +17,950
3251 駐車場綜合研究所 -6,053
3667 enish -48,019
3793 ドリコム +11,769
3823 アクロディア -7,060
3903 gumi +6,458
3909 ショーケース・ティービー +1,959
4664 アール・エス・シー +1,088
4777 ガーラ -5,054
4918 アイビー化粧品 -20,065
6048 デザインワン・ジャパン -22,151
6625 JALCOホールディングス -12,036
8023 大興電子通信 +9,953
9941 太洋物産 -110,328
合計 -209912円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*