タグ別アーカイブ: 結果通りに動く

10/11 豪州10月新規雇用者数(前月比)&失業率

 

表は時間、指標名、重要度、前回、予想、結果

image

トレードランク:Buy  NORISK

 

1分足 赤:5MA 緑:10MA

image

トレード

ついついトレードしたい癖がでてしまい無駄に入ってしまった。

FXプライムで82.30→82.15あたりで損切り。そのあと途転で売りしたらあまり下がらず上がっていった。

売り入る前は「雇用者数がいいからまた指標発表前の水準まで戻るだろう」と思っていた。

が、ニュース速報で「雇用者数は正社員ではなくパートなどの雇用が増えたから数字の見かけよりも内容は薄い」みたいな

のが出てきた。

それで「それじゃ売りたたかれるな」と思ってしあい売ってしまった。これも損切り。

ひまわりでも損切り 合計18,000円程度のロス。

あほすぎる。裁量だとどうしてもうまくいかない。なんなんだろうなー。

 

–コメント—————————————

指標は2つとも重要度が高いもの。発表には少し時差があったのかまず新規雇用者数が発表された。

予想より良かったので上昇。

しかしひまわりFXの豪ドルドルはスプレッドがあまりにも広がりすぎ!!30pips以上開いてた気がする。

 

そして少ししてから失業率の発表。これが予想より悪かった。高値82.80ドルくらいから一挙に82ドルまで下落。

すごい。これでもひまわりで手を出していたらとんでもない惨事になっていたな。

 

重大な指標が重なるときは金額を抑えて入った方が良さそう。

米国 非農業部門雇用者数と失業率 (過去チャート検証)

 

この2大指標は同日同時間に発表しているよう。

色つき背景の2本目の足(グインと急進している足)が20:00の足。

右側数値だけのものが失業率。

 

imageimage image 

ユーロ円の1時間の値動き 上から64pips 108Pips 127pips ちなみにポンド円は72 72 171pips。ユーロ円がよさそう。

ユーロ円、ドル円共にきれいに相関関係になっている。

 

わりと素直に動いているような気がする。

非農業結果 (マイナスなのでマイナスが低いほど強い)

予想>結果 下落

予想<結果 上昇

 

失業率は予想と乖離がそんなにないので非農業部門雇用者数変化を優先させる。

 

まとめ

ユーロ円は目標30pips。

ドル円は20銭。

ストップは約定値に置く。始まりから20分が勝負。

後半にかけて戻ってくる。