同じように見えるチャートでも

 

ブログでも記録用に。

 

同じように見えてそのあとの動きは違う。

 

それは他の時間足チャートやUS30チャートを見たり。

 

昨日10日 これだけみてると上昇一服。23時30から00時40でWボトムだった。ボトム気になった。この一つ前は陽線でそれを長い陰線でかぶせてきた。

直近安値で反発してここでWボトム作ってまた上かな なんてのんきに構えてた。

そもそも14時過ぎからの上げはバイイングクライマックス的な上げだったんだと思う。そっから高値更新できずにどんどん落ちてきた。

22時過ぎに安値も更新し、ダウ理論的には上げトレンドは崩れたとなる。

しかも高値圏の陽線→陰線はどちらも長い!=トレンド反転ともとれた。一日もたたずに終わって上またいくでしょー!って日足が毎日高値更新みたいな上昇トレンドでは

もう無いんだから普通にニュートラルにして考えないと。

image

 

 

 

こっちは今日 15分、10時から14時で2番底作ってきれいに上昇中、MA100タッチから下げへ。

左側の上げに比べれば右側の下げは小さいからそこまで一気に落ちないだろうと考えたり。でもやらしい動きでむずい!

5分、15分ともにMA下で展開。5分はこのあたり、逆三尊ぽくも見える。

image

 

30分ではこう。青枠が昨日上記5分チャート位置、オレンジ枠が今日。下いくと思ってたら上へ抜けてきた。

image

 

 

 

そんなとき、日経225と連動性が高いUS30チャートを見てみると

昨日5分 22時35分、それまでで一番高低差あり、しかもそれが巨大長上ひげ。

続く5分が大陰線。ここから一気に流れが一方的に下方向へ。むずい。

 

2時20分あたりが上記チャートの右端。明らかな下落トレンド。

なんとなく逆三尊つけてこっから上がるんじゃ無いかーーーって思えたが。陽線後の長い陰線で上げ否定。

MAの並びも下げのままだし。もし買ってたらこの足の組み合わせで絶対手じまわないと。

image

 

 

今日US30 5分

21時40分あたりの下ひげ2連続足を境に反転上昇。

けどこの時点では足の高低差がそんな無いからまだニュートラルだった。1時20分あたりが上記チャートの右端。直近では陰線続いてるけど

下に各MAが右肩上がり。

ダウ理論的にもきれいに安値を切り上げていた。直近安値で止まり結果的にWボトムだった。

 

 

image

 

 

まず見るべきは1時間から5分の並びで今はどちらが優勢か。

明らかに下げが強ければ上げてるのは「反転する!」「反転しろ-!」ではなく「押し目を作ってくれた」って目でみないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*