8/17 覚え書き

日中は午前-20円で仕事。後場はいいエントリーポイントあったなあ(>o<)

ナイトセッション

225先物 60分足チャート

この2本のあたりでの攻防。これは既に決着後、23時頃のチャート。

image

①20580買い →20560ロスカット
青矢印で買い。黄色のラインでなぞったようにむりくり逆三尊形成の動きと見てエントリー。
ロスカット20、ターゲットはまずは630。抜ければ高値680あたり。

image

US30の5分足はこんな感じだった。
ダブルボトムから戻してきている感じ?けど上ひげ付き足の連発。やっと陽線でてもまだ陰線で
包んでいる状態。

image

 

1分足はこう。

image

ここで頭に入れておかなければいけないのは「割れたら下げるぞ!ってこと」
225チャートもMA20が下向きだしまだ上げる形ではないフライングエントリーだったこと。

21時30 US30割れたー。
image

21時31分から32分。この時ならまだ225は585=同値撤退できた。
こういう危ない動きの時はロスカットまで待たずにすぐに切るべき!!

image

 

US30 1時間足。

image

 

22時過ぎ。こっから。
225は次のサポートが530あたりだった。
US30 1分足。223時30に直近安値更新。
17345あたりは1分でみた時のダブルトップのターゲット。

一度は止まったものの、次の足は大きな陰線。
225も「こんな大きいの終わったー」って思った。
image

しっかし225はUS30の大きさに対してさほど急落せず。(その前に20540から20570まで上がっていた)
22時32分20530達成。ここで打診買い。 535。目標は610。ロスカットは515。 もう530割れたら次のサポートは480あたりだから
かかっても納得できるところ。そのあとは225の方が若干上げてくれてUS30が22時45分過ぎに安値割れたときも545あたりで粘ってくれていた。
そのあとUS30はわりと大きくて綺麗な下ひげ陽線に。ここで一つ騙し。

そのあとUS30、EMA20に対して上ひげの実体が小さい陰線とかでここは売ってしまうだろうという感じ。が、そのあと陽線で否定。
ここも騙しの動き。このあと上げていくなかで2回くらい同じような売りを誘う動きがった。

image

 

そして23時過ぎ。225は最初の壁、570から580崩せなかったけど抜けたらわりと早く610達成。
ここでやはり我慢が足りず585、590でほとんど決済(;´Д`) 反省。

610ダブルトップ未達成、575のレジスタンスからサポートに見えるところで反転。強い(;´Д`)

image

 

60分はレンジぽい動きなので最初の押し目と考えて買うべきだった。
5分足なんかとてもきれいだし。
530あたりでもみもみお椀型から上がっていった。
610ターゲット達成からの下落が最初の押し目と考えて青矢印のレジスタンスが明らかにサポートに変わったように見える
ここで買おうよ!あーもったいない。

image

60分は横横な感じで上に障害なさげなんだから。
30分足なんかこんな感じで上向いてきてるんだし。あー。

image

まとめ
※US30が明らかに先行しているな と見えているときに日経225がつられていったけどそこで
止まるような動きなら逆張りチャンス。
但し、225も何かしらのサポートラインとかあること。値頃感って理由で根拠が一つも無いとダメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*